脱毛はどれを選べば良い?目的に合わせた脱毛方法


急ぎの脱毛なのかじっくり取り組むのか

脱毛方法には剃る、抜く、溶かすなどの自己処理から、クリニックに行って行うニードル脱毛やレーザー脱毛など様々な種類があります。しかしどの方法でやれば良いのか迷ってしまう人は少なくありません。それぞれの脱毛方法には長所や短所があるため、何を目的に脱毛をしようとしているかを基準に選ぶと良いでしょう。その中でも脱毛方法を決める基準として重要になるのが、いつまでに脱毛したいのかという部分です。例えば来週温泉旅行に行くだとか、明日恋人の言えにお泊まりに行くなどの場合はすぐ出来る方法でなければ対応できませんし、大抵の場合はお店の急な予約もできず自己処理をすることが多いです。

急いで脱毛する場合の自己処理ではカミソリで剃る、毛抜で抜く、除毛クリームを使うなどの方法が一般的です。ただしカミソリで剃る場合は剃り跡がチクチクしやすく、肌に刃が当たるため肌荒れしやすい難点があります。また毛抜で抜く場合だとチクチクはしないものの、引き抜く際に毛穴を傷つけて出血したりすることもあり、小さなかさぶたが気になってしまうかもしれません。そうしたリスクを考えると剃り跡が残ることもなく、出血のリスクもない除毛クリームが比較的おすすめできる方法と言えます。しかし体質が合わない場合はかぶれる危険性もあるので事前に少量肌につけて様子を見ておきましょう。

早めのレーザー脱毛が一番?

急ぎ予定がないのであれば、やはりクリニックのレーザー脱毛が良いでしょう。施術での脱毛が完了すれば二度と生えてくる事がないので手入れの手間が減るため、手入れの時間や手入れ道具の購入費用など大幅に削減できるからです。脱毛はなるべく早めに取り組むのが良いでしょう。

医療脱毛は医師がいろいろな治療機器を細かく調整して患者に施術をしてくれるのです。個人に応じた治療プランが実現します。